2011日本・中国映画週間

2011日本・中国映画週間 上映作品 「兔の武勇伝 (2D)」(中国タイトル:《兔侠传奇》)


「兔の武勇伝 (2D)」(中国タイトル:《兔侠传奇》) Legend of a Rabbit  2011年/90分/Color
監督:孫立軍
主演:範偉、閆妮、張豐毅
あらすじ: 都のカンフー道場の主人が弟子のパンダの悪だくみにより道場を追われ、故郷にたどり着く。カンフー道場の主人は、臨終の間際、その全ての技を授けた弟子である純朴なコック“兎二”に、武術界指導者の証となる「令牌」を娘の牡丹に渡すように伝え、悪人に奪われないように、と言い残す。      
 誠実で真面目な兎二が都にたどりついた時、カンフー道場は既にパンダに牛耳られていたが、 兎ニは「令牌」を守った。兎二は懸命に牡丹を探す途中で、さまざまな危険に遭遇するが、困難を乗り越えるうちに、武術の技に磨きがかけ、最後にはパンダを打ち負かす。カンフー道場を救い、牡丹に「令牌」を手渡し、亡きカンフー道場の主人との約束を無事に果たす。

監督紹介
孫立軍(スン・リージュン):北京電影学院アニメ学院長。孫立軍教授は中国アニメ界の優秀な人材を多数育成し、中国のアニメ事業の発展、特にデジタルアニメの発展に大きく貢献した。孫立軍教授は大型アニメ映画『小兵張嘎』で総監督を担当。この作品は中国アニメ史上における一大巨編であり、2005年の中国映画華表奨を受賞した。その教え子たちは、世界各国で開催される映画祭において次々と受賞し、国のために数々の栄誉を勝ち取った。


    ↑ このページのトップ ↑