2011日本・中国映画週間

2011日本・中国映画週間 上映作品 「魁拔(クイーバ)」(中国タイトル:《魁拔》)


「魁拔(クィーバ)」(中国タイトル:《魁拔》) Kuiba  2011年/83分/Color
監督:王川
主演:劉靖荦、王凱、張傑
あらすじ:恐怖の怪物「クィーバ」の存在は、天と地の誤りが生んだ宇宙全体の脅威である。
 333年に 1度誕生するクィーバは 333年毎に 1度現れ天地を乱し、秩序を壊す。そのため、天と地の全ての勇者たちは、「クィーバ退治」に参戦し勇猛に戦うことが自分たちに与えられた偉大かつ光栄な使命だと思っている。クィーバ暦1664年、第6代クィーバが目覚めるとき、核兵器レベルの攻撃をする。しかし、攻撃を受けたクィーバは更にパワーアップし、一撃に屈しなかった。
 天空のクィーバ対応専門機関と地上のクィーバ退治連盟組織は、探知機でクィーバが生きている証しである「脈」を見つける。333年毎に起るこのような争いは今回限りにしようと、各地の血気盛んな勇者達は、徹底的にクィーバを退治することを誓う。天空や地上の9カ国連盟は、すぐに各地の兵士達を招集。連合軍を結成しクィーバとの決戦への出征命令を出した。ついに連合軍はクィーバ退治に乗り出したのである。
 一方、遠く窩窩村の少年・蛮吉とその父・蛮殿下~自称「独行族の侠客」~の2人は、怪物退治に成功し栄誉の証である「紋章」を獲得するため、昼夜を問わず必死になって「脈拍の術」を練習した。しかし小さな窩窩村では2人の荒々しい練習は受け入れられず、村人達はあらゆる手段を使って彼ら親子二人を追い出そうとする…

監督紹介
王川(ワン・チュアン):1964年生まれ、中国アニメの監督。
 これまで制作したアニメーションは10作品以上、話数では千話近くにのぼる。そのうちアニメ映画『鳥』と『樹』はそれぞれ2004年のリヨンアジア映画祭では短編部門のグランプリと準グランプリを獲得、また中国アニメ産業フォーラムの最優秀作品賞、中国アニメ学院奨審査員特別賞などに輝いた。
 主な作品はテレビアニメ『飛天小猴王』、『学者猫 漢字を教える』、『小明と猫王』、『透明盾』、『学問猫 歴史を語る』、『夢中人』、『英雄七個半』、芸術アニメ短編映画『鳥』、『樹』、『思凡』。


    ↑ このページのトップ ↑