2011日本・中国映画週間

2011日本・中国映画週間 上映作品 「雪花と秘文字の扇」(中国タイトル:《雪花密扇》)


「雪花と秘文字の扇」(中国タイトル:《雪花密扇》) Snow Flower and the Secret Fan  2011年/104分/Color
監督:王穎
主演:李冰冰、全智賢、ヒュー・ジャックマン
あらすじ:『雪花と秘扇』は、中国系アメリカ人の女流作家 Lisa See(リサ・シー)の小説を映像化したもの。19世紀の中国農村に生きる2人の少女、百合と雪花の人生を描く。
 百合と雪花の2人は生年月日が同じ。その上、容貌や性格も似ている彼女達は、「纏足」を始めた日も同じであった。7歳になった彼女達は、生涯助け合って生きてゆくことを互いに誓う。封建的な結婚生活による束縛のストレスを紛らわすため、2人は扇子に手紙を書いたり、お互いの身体に文字を書くなどして、心を通わせていた。

監督紹介
王穎(ウェイン・ワン) :中国系アメリカ人監督。香港に生まれ、カリフォルニア美術大学オークランド校で映像コース修了。映画『ジョイ・ラック・クラブ』でハリウッドに進出するや、その才能が忽ち世間を驚かせた。『ジョイ・ラック・クラブ』は中国系女性移民の物語を描いた作品で、ウェイン・ワンの人間に対する深い洞察力や細やかな感情表現が随所に滲み出ている。その後は『スモーク』、『チャイニーズ・ボックス』といった個性の強い作品を撮り、好評を博した。また2001年に監督したショートフィルム、『赤い部屋の恋人』では自戒を促すテーマがハリウッドで大きな反響を呼んだ。 ここ数年はコメディ作品『メイド・イン・マンハッタン』や『ラスト・ホリデイ』などでハリウッドでの娯楽映画監督の地位を確立した。最近の作品『ネブラスカ姫』はYou Tube上でプレミア上映を行い、ハリウッド映画界においてユニークな宣伝方法を展開した。


    ↑ このページのトップ ↑