ニュース


お詫び
 この度、『2018 上海・日本映画週間』開幕式において、ご招待券或いは当選券を お持ちになったにも関わらず、イベント会場に入場できなかった事態が発生し、観 客の皆様及び関係者の皆様には多大なご迷惑をおかけしたことを、心より深くお詫 び申し上げます。
 今年入場できなかった皆様には、お詫びとして、来年の『2019 上海・日本映画 週間』の開幕式ご招待券を優先的に配布したいと思います。詳しい応募方法はこちら をご参考ください。



★ 日中舞踏国際交流会が開催されました。

7月22日「日中の未来を担う若き踊り手たちの交流会」が品川区立日野学園にて行いました。
7月23日「日中舞踏国際交流会」小荷風採受賞舞踏家らによる初の日中交流演目が日本橋公会堂にて開催されました。



★「2018雲南・日本映画週間」初開催されました。


6月29日オープニングセレモニー


6月30日雲南衡水実験中学


6月30日昆明女子中学



★「2018上海・日本映画週間」の開幕式が開催されました。
 6月16日(土)午後1時半、新衡山電影院にて「2018上海・日本映画週間」の開幕式が開催されました。
 中国上海鼓舞東方鼓楽芸術団のダイナミックな太鼓でオープニングセレモニーが幕開けすると、会場内からは大きな歓声が上がりました。

 片山和之総領事はごあいさつの中で、「今年は日中平和友好条約締結40周年である。5月には、李克強総理が日本を訪問中、両国は日中共同映画製作の促進を図る協定に調印し、日中映画交流はまた一つ新しいページを開いた。昨年、日中共同製作による『追捕MANHUNT』や『空海―KU‐KAI―』が公開されたが、今回の正式な協定締結を通じて、今後、中国内での日本関連映画の上映がますます増えることを願う」と話してくださいました。
 また上海映画集団の任仲倫総裁は、「中日の映画交流の歴史は古くから続いている。1980年代から日本の多くの映画が中国で上映され、中国の観客は映画を通して、たくさんの日本の芸術を知った。日本映画週間が設立されてからの13年で、多くの優秀な映画はこのプラットフォームで上映され、人々に日本の社会や文化をより一層理解させ、両国の友好交流に役割を果たしてきた」と話してくだり、改めて映画交流の重要性について感じた瞬間でもありました。


 本年は日中平和友好条約締結40周年ということで、本当に多くのゲストがかけつけてくださり、ゲストが登壇すると、会場は大きな声援と割れんばかりの拍手に包まれました。オープニング作品の『いぬやしき』からは佐藤信介監督、俳優の本郷奏多さんが駆けつけてくださり、作品の見所について語ってくださいました。
 イベント全体を通じ日中友好の兆しが感じられた活動となりました。


 『犬猿』の舞台挨拶は、6月16日(土)上海蘭生典尚影院 スクリーン6にて開催されました。日本の地方都市の兄弟姉妹関係をテーマとした本作品、そして𠮷田監督を一目見ようと、 当日は多くの観客がつめかけ、監督の作品に対する想いや撮影のエピソードに楽しそうに耳を傾ける様子が伺えました。
 『イマジネーションゲーム』の舞台挨拶は、6月16日(土)上海蘭生典尚影院 スクリーン6にて開催されました。元AKBの板野友美さん、更には映画初主演となる著名お笑い芸人の久本雅美さんが主演を務められたということで大変話題を呼び、当日は多くの観客がつめかけました。
 今年は日中映画祭実行委員会初となるクロージング作品の舞台挨拶を設けました。作品『3D彼女 リアルガール』です。ワールドプレミア上映として、本イベントが初公開の本作。高校生同士のさわやかな恋模様を描いたことで非常に人気が高く、当日は監督、主演のお二人が一緒に上映するということもあり会場は大盛り上がりでした。上海の映画ファンの大歓声にゲストの皆さんも大変嬉しそうな様子が印象的でした。




6月29日(金) ~ 7月4日(水)「2018雲南・日本映画週間」初開催のご案内
 今年は、日中平和友好条約締結40周年にあたり、5月には日中合作協定が中国との間で取り交わされるなど映画を通じた文化交流がますます盛んになっています。NPO法人日中映画祭実行委員会では、4月に「北京・日本映画週間」、6月には「上海・日本映画週間」を開催し、今回、初めて昆明で日本雲南連誼協会とともに「2018雲南・日本映画週間」を開催することにいたしました。
 雲南省は中国の中でも数多くの少数民族の人々が生活している都市としても知られおり、今回の「2018雲南・日本映画週間」では映画上映のみならず、日本からの参加ゲストと現地の中学校に通う様々な民族の中学生や日本からの支援により中学校に通う中学生等との交流イベントも開催します。映画を通じた日中両国の友好の架け橋の一端を担えればと思っています。映画はもちろん、中学生との交流イベントもぜひメディアでご紹介いただきたくよろしくお願い申し上げます。

>> 詳細はこちらへ


「2018上海・日本映画週間」一般上映作品


今いぬやしき

「いぬやしき」

犬猿

「犬猿」

今夜、ロマンス劇場で

「今夜、ロマンス劇場で」

きみと別れ

「去年の冬、きみと別れ」

先生

「先生! 、、、好きに 
なってもいいですか?」

イマジネーションゲーム

「イマジネーションゲーム」

リアルガール

「3D彼女 リアルガール」

きみの声をとどけたい

「きみの声をとどけたい」


「2018上海・日本映画週間」イベント情報


注意:ゲストや日程は一部変更になる場合がございます。


(1) オープニングセレモニー&オープニング上映
日  時:6月17日(日) 13:30~17:00(受付開始 13:00)
会  場:新衡山電影院(NEW HENG SHAN CINEMA)
上映作品:「いぬやしき」
登 壇 者:佐藤信介(監督)、本郷奏多(俳優)、𠮷田恵輔(監督)、畑泰介 (監督)、久本雅美(女優)、板野友美(女優)、
特別ゲスト:犬童一利(監督)、池脇千鶴(女優)、金井浩人(俳優)、安藤政信(俳優)


(2) ワールドプレミア「3D彼女 リアルガール」
日 時:6月25日(月) 18:30~ 映画上映スタート / 上映前と後どちらも挨拶有
会 場:上海百麗宮影城(万象城店)LUXE巨幕スクリーン
登壇者:英勉(監督)、中条あやみ(女優)、佐野勇斗(俳優)


(3) ワールドプレミア「イマジネーションゲーム」
日 時:6月16日(土) 20:45~ 上映前舞台挨拶 / 21:00 映画上映スタート
会 場:上海蘭生典尚影院 スクリーン6
登壇者:畑泰介(監督)、久本雅美(女優)、板野友美(女優)


(4) 舞台挨拶付き上映会「犬猿」
日 時:6月16日(土) 18:30~ 映画上映スタート / 20:15~ 上映後舞台挨拶
会 場:上海蘭生典尚影院 スクリーン6
登壇者:𠮷田恵輔(監督)



「2018上海・日本映画週間」ゲスト

佐藤信介

監督:佐藤信介

本郷奏多

俳優:本郷奏多

𠮷田恵輔

監督:𠮷田恵輔

畑泰介

監督:畑泰介

久本雅美

女優:久本雅美

板野友美

女優:板野友美

英勉

監督:英勉

中条あやみ

女優:中条あやみ

佐野勇斗

俳優:佐野勇斗






■ 期  間:
2018年6月16日(土) ~ 6月25日(月)  
■ 主  催:
上海国際影視節中心
■ 共  催:
NPO法人日中映画祭実行委員会
■ 助  成:
VIPO/独立行政法人国際交流基金
■ 後  援:
在上海日本国総領事館/経済産業省/観光庁/日本政府観光局(JNTO)上海事務所/日本貿易振興機構(JETRO)上海事務所/上海市対外文化交流協会
■ 協  力:
公益財団法人ユニジャパン/協同組合日本映画監督協会/日本国際貿易促進協会/上海日本商工クラブ/ 日本中国文化交流協会/公益社団法人日本中国友好協会/一般社団法人日中協会/一般財団法人日中経済協会
■ 企画運営
株式会社ムーランプロモーション/北京赤見広告伝媒有限公司


スポンサー